コードレス掃除機比較MART ロゴ画像
サイト内検索:
dyson メーカー タイトル画像

dyson メーカー タイトル画像

《付属品を少なくして価格を抑えたV6シリーズ入門機種》

「ダイソン V6 エントリー SV07ENT」はダイソン社が販売するコードレス掃除機です。

基本性能は「V6 モーターヘッド」と同じですが、付属品を「隙間ノズル」「コンビネーションノズル」の2種類にして価格を抑えた入門モデル。シルバーのパイプが特長です。

「ダイソン V6 エントリー SV07ENT」の実売価格は45,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報


ダイソン コードレスクリーナー dyson V6 SV07ENT

「Dyson V6 SV07ENT」は、イギリスの家電メーカー「Dyson Limited」の日本法人である「ダイソン株式会社(本社:東京都千代田区)」が販売するコードレススティッククリーナーです。

※こちらの商品はカタログ上では単に「Dyson V6(ダイソン V6)」という商品名で紹介されています。しかしダイソン製品は種類が多く間違えやすいことから、当ブログでは型番から推測した上で便宜上「V6 エントリー」と呼んでいます。

本体カラーは「ナチュラル」。付属品は「隙間ノズル・コンビネーションノズル」の2点となります。

ダイソン V6 モーターヘッド SV07MHとの違いを比較

上位機種「ダイソン V6 モーターヘッド SV07MH」と「V6 エントリー」の違いは「本体カラー」「付属品」です。

「V6 エントリー」の本体カラーはサイクロン部がパープル、パイプはシルバーとなっており「ナチュラル」という名称が付けられています。一方、「V6 モーターヘッド」はサイクロンとパイプが紫で塗装された「ニッケル/パープル」を採用しています。

付属品は「V6 エントリー」が2点のみなのに対して「V6 モーターヘッド」には「隙間ノズル・コンビネーションノズル・ミニモーターヘッド・収納用ブラケット」の4点が同梱されています。

それゆえ「V6 エントリー」を購入してミニモーターヘッドと収納用ブラケットが必要になった場合は、別売り品を購入することになるので注意が必要です。

他の機能・性能については2機種とも共通仕様であり違いはありません。

ダイソン V6 フラフィ SV09MHとの違いを比較

上位機種「ダイソン V6 フラフィ SV09MH」と「V6 エントリー」の違いは「本体カラー」「サイズ」「重量」「ヘッド」「運転時間」「付属品」となります。

本体カラーについて「V6 エントリー」は「ナチュラル」、「V6 フラフィ」は「ニッケル/ブルー」です。

収納時のサイズは「V6 エントリー」が幅21.1センチ*奥行118.4センチ*20.8センチ、「V6 フラフィ」が幅25センチ*奥行121.1センチ*20.8センチとなっており、「V6 フラフィ」のほうが少し大きめです。

重量に関しても「V6 エントリー」は標準質量2.1キロ、「V6 フラフィ」は標準質量2.34キロなので「V6 フラフィ」のほうが240グラム重くなっています。

これは「V6 エントリー」のヘッドが「モーターヘッド」なのに対して、「V6 フラフィ」は大型の「ソフトローラークリーナーヘッド」を装備していることが原因だと思われます。

付属品は「V6 エントリー」が2点のみ、「V6 フラフィ」は「隙間ノズル・コンビネーションノズル・ミニモーターヘッド・収納用ブラケット」の4点となっています。

他の機能・性能はどちらも共通仕様であり違いはないようです。

ダイソン V8 フラフィ SV10FFとの違いを比較

上位機種「ダイソン V8 フラフィ SV10FF」と「V6 エントリー」の違いは「本体カラー」「サイズ」「重量」「ヘッド」「モーター」「ゴミ捨て機能」「インジケーター」「モード切替えボタン」「運転音」「運転時間」「充電時間」「付属品」と多岐にわたっています。

本体カラーは「V6 エントリー」が「ナチュラル」、「V8 フラフィ」が「イエロー」となっています。

サイズは「V6 エントリー」が「幅12.7センチ*奥行31.9センチ*高さ20.8センチ」、製品サイズは「幅21.1センチ*奥行118.4センチ*高さ20.8センチ」です。一方で「V8 フラフィ」は本体サイズ「幅13.5センチ*奥行33.3センチ*高さ21センチ」、製品サイズ「幅25センチ*奥行124.4センチ*高さ22.4センチ」となっており「V8 フラフィ」のほうが大きめです。

重量は「V6 エントリー」が「本体質量:1.29キロ 標準質量:2.1キロ」、「V8 フラフィ」が「本体質量:1.58キロ 標準質量:2.61キロ」なので、本体質量は290グラム、標準質量は510グラムの差があります。

ヘッドは「V6 エントリー」が「モーターヘッド」、「V8 フラフィ」が「ソフトローラークリーナーヘッド」を搭載しています。

モーターは「V6 エントリー」が「ダイソンデジタルモーター V6」、「V8 フラフィ」は「ダイソンデジタルモーター V8」を搭載しておりV6より20%パワーが向上しています。

ゴミ捨て機能に関しては「V8 フラフィ」のほうが進化しています。具体的には赤いレバーを引くとクリアビン内の「シュラウド」に付着したゴミをこそぎ落とします。同時にフタが開いて手を汚さずゴミを捨てられます。

また「V8 フラフィ」は充電状況を表示する「インジケーター」を装備しています。これにより充電残量を確認しやすくなりました。

さらに「V8 フラフィ」は本体の上に「通常モード/強モード」を切り替えできる「モード切替えボタン」を備えています。

運転音はダイソンV6シリーズと比較してV8シリーズのほうが50%低減されています。

運転時間は「V6 エントリー」が「通常モード:約20分 通常モード(モーター駆動のヘッド使用時):約17分 強モード:約6分」、「V8 フラフィ」は「通常モード:約40分 通常モード(モーター駆動のヘッド使用時):約30分 強モード:約7分」であり、「V8 フラフィ」のほうが大幅に運転時間が長くなっています。

しかし充電時間は「V6 エントリー」が約3.5時間、「V8 フラフィ」は約5時間なので「V8 フラフィ」のほうが1.5時間も長くなっています。

付属品は「V6 エントリー」が2点のみ、「V8 フラフィ」は「隙間ノズル・コンビネーションノズル・ミニモーターヘッド・収納用ブラケット」の4点となっています。

感想・評価

こちらの「ダイソン V6 エントリー SV07ENT」は、「ダイソン V6 モーターヘッド SV07MH」から付属品の「ミニモーターヘッド」「収納用ブラケット」を外して価格を抑えた廉価版です。

収納用ブラケットがないと本体を縦置きした状態で充電ができないので、気になる人は上位モデルの「V6 モーターヘッド」を選んだほうが良いでしょう。

製品仕様

発売年月2016年5月
メーカーダイソン
型番SV07ENT(ナチュラル)
JANコード5025155023266(ナチュラル)
ノズルタイプモーターヘッド
集じん方式サイクロン式
集じん容積0.4L
サイズ本体サイズ:幅12.7センチ*奥行31.9センチ*高さ20.8センチ(バッテリー含む)
収納サイズ:幅21.1センチ*奥行118.4センチ*高さ20.8センチ(モーターヘッド・パイプ・バッテリー含む)
重量本体質量:1.29キロ
標準質量:2.1キロ(モーターヘッド・パイプ・バッテリー含む)
使用電池リチウムイオンバッテリー
連続使用時間通常モード:約20分
通常モード(モーター駆動のヘッド使用時):約17分
強モード:約6分
充電時間約3.5時間
消費電力-
吸込仕事率通常モード:28AW
強モード:100AW
運転音-
付属品隙間ノズル、コンビネーションノズル

スポンサーリンク