コードレス掃除機比較MART ロゴ画像
サイト内検索:
Dyson V8 absolute SV10ABL 商品画像1

Dyson V8 absolute SV10ABL 商品画像1

《2種類の標準ヘッドが付属するV8シリーズ最上位機種》

「ダイソン V8 アブソリュート SV10ABL」は、ダイソン社が販売するコードレス掃除機です。2種類の標準ヘッド(ダイレクトドライブクリーナーヘッド・ソフトローラークリーナーヘッド)が付属するV8シリーズ最上位機種。付属品は計7点が同梱されています。

「ダイソン V8 アブソリュート SV10ABL」の実売価格は90,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報

「Dyson V8 absolute SV10ABL」は、イギリスの家電メーカー「Dyson Limited」の日本法人である「ダイソン株式会社(本社:東京都千代田区)」が販売するコードレススティッククリーナーです。

2016年5月に発売された「ダイソン V8 コードレスクリーナー」シリーズ4機種のうち、「V8 アニマルプロ」は「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」、「V8 フラフィプラス」と「V8 フラフィ」は「ソフトローラークリーナーヘッド」を装備しており、こちらの「V8 アブソリュート」は2種類の標準ヘッドが付属するフラッグシップモデルとなります。

Dyson V8 absolute SV10ABL 商品画像3

本体カラーは「タイタニウム(Titanium)」。付属品は「ミニモーターヘッド・隙間ノズル・コンビネーションノズル・収納用ブラケット・フトンツール・ハードブラシ・延長ホース」の7点です。

ちなみにV8シリーズの付属ツールはデザインが一新されており、各アタッチメントに取り外しボタンを追加した「スムーズフィット」を採用しています。これにより片手で簡単に取り外し可能になりました。ただしV6シリーズ以前のアタッチメントとは互換性がありません。

Dyson V8 absolute SV10ABL 商品画像2

ダイソン V8 アブソリュートエクストラとの違いを比較

直販限定モデル「ダイソン V8 アブソリュートエクストラ(Dyson V8 Absolute Extra)」と「V8 アブソリュート」の違いは「カラー」のみとなります。

延長パイプのカラーは「V8 アブソリュート」が「タイタニウム」、「V8 アブソリュートエクストラ」は「ブルー」です。

基本的な機能・性能は共通であり仕様に違いはありません。

Dyson V8 Absolute Extra 商品画像

ダイソン V8 アニマルプロ SV10ANCOMとの違いを比較

下位機種「ダイソン V8 アニマルプロ SV10ANCOM」と「V8 アブソリュート」の違いは「カラー」「標準ヘッド」「使用時間」「重量」です。

延長パイプのカラーは「V8 アブソリュート」が「タイタニウム」、「V8 アニマルプロ」は「レッド」となっています。

標準ヘッドは「V8 アブソリュート」が「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」と「ソフトローラークリーナーヘッド」の2種類。「V8 アニマルプロ」は「ソフトローラークリーナーヘッド」の1種類です。

使用時間は「V8 アブソリュート」が「ダイレクトドライブクリーナーヘッド装着時:約25分/ソフトローラークリーナーヘッド装着時:約30分」、「V8 アニマルプロ」は「ソフトローラークリーナーヘッド装着時:約30分」とされています。

重量は「V8 アブソリュート」が「ダイレクトドライブクリーナーヘッド装着時:2.55キロ/ソフトローラークリーナーヘッド装着時:2.61キロ」、「V8 アニマルプロ」は「ソフトローラークリーナーヘッド装着時:2.55キロ」です。

他の機能・性能は共通仕様であり違いは見られません。

ダイソン V8 フラフィプラス SV10FFCOMとの違いを比較

下位機種「ダイソン V8 フラフィプラス SV10FFCOM」と「V8 アブソリュート」の違いは「カラー」「標準ヘッド」「使用時間」「重量」です。

延長パイプのカラーは「V8 アブソリュート」が「タイタニウム」、「V8 フラフィプラス」は「アイアン」となっています。

標準ヘッドは「V8 アブソリュート」が2種類、「V8 フラフィプラス」は「ソフトローラークリーナーヘッド」を装備しています。

モーター駆動ヘッド装着時の使用時間は「V8 アブソリュート」が約25/30分、「V8 フラフィプラス」は約30分です。

重量は「V8 アブソリュート」が「ダイレクトドライブクリーナーヘッド装着時:2.55キロ/ソフトローラークリーナーヘッド装着時:2.61キロ」、「V8 フラフィプラス」は「ソフトローラークリーナーヘッド装着時:2.61キロ」です。

他の仕様は共通であり機能・性能も同じ製品です。

ダイソン V8 フラフィ SV10FFとの違いを比較

下位機種「ダイソン V8 フラフィ SV10FF」と「V8 アブソリュート」の違いは「カラー」「標準ヘッド」「使用時間」「重量」「付属品」です。

パイプのカラーは「V8 アブソリュート」が「タイタニウム」、「V8 フラフィ」は「イエロー」となっています。

標準ヘッドは「V8 アブソリュート」が2種類、「V8 フラフィ」は「ソフトローラークリーナーヘッド」を装備しています。

モーター駆動ヘッド装着時の使用時間は「V8 アブソリュート」が約25/30分、「V8 フラフィ」は約30分です。

重量は「V8 アブソリュート」が「ダイレクトドライブクリーナーヘッド装着時:2.55キロ、ソフトローラークリーナーヘッド装着時:2.61キロ」、「V8 フラフィ」は「ソフトローラークリーナーヘッド装着時:2.61キロ」です。

付属品は「V8 アブソリュート」が合計7種類。「V8 フラフィ」は「ミニモーターヘッド・隙間ノズル・コンビネーションノズル・収納用ブラケット」の4種類です。

他の機能・性能は共通で違いはありません。

感想・評価

こちらの「ダイソン V8 アブソリュート SV10ABL」は、2016年5月に発売されたV8シリーズ4機種の中で最も値段が高く付属品が多い商品です。

特長は標準クリーナーヘッドが最初から2種類も付属していることです。

ダイレクトドライブクリーナーヘッドは従来の「モーターヘッド」を改良した進化版で「回転ブラシ」に小型モーターを内蔵してパワーアップしています。一方でソフトローラークリーナーヘッドはフェルト製の大型ローラーでゴミを巻き込みながら吸い取る仕組みです。

ダイレクトドライブクリーナーヘッドはカーペットやフローリング、ソフトローラークリーナーヘッドは大きな粒状のゴミに強いとされていますが、一般的な家庭の床であればどちらのヘッドでも問題なく掃除できると思います。

正直言ってわざわざ2種類の標準ヘッドを使い分ける意味はあまり感じられません。どうしても違うタイプのモーター駆動ヘッドを使ってみたい人以外は「V8 アニマルプロ」か「V8 フラフィプラス」を選んだほうが良いのではないでしょうか。

製品仕様

発売年月2016年5月
メーカーダイソン
型番SV10ABL(タイタニウム)
JANコード5025155024256(タイタニウム)
ノズルタイプダイレクトドライブクリーナーヘッド、ソフトローラークリーナーヘッド
集じん方式サイクロン式
集じん容積0.54L
サイズ本体サイズ:幅13.5*奥行33.3*高さ21cm(バッテリー含む)
収納サイズ:幅25*奥行124.4*高さ22.4cm(クリーナーヘッド・パイプ・バッテリー含む)
重量本体質量:1.58kg
標準質量:2.55kg(ダイレクトドライブクリーナーヘッド・パイプ・バッテリー含む)
標準質量:2.61kg(ソフトローラークリーナーヘッド・パイプ・バッテリー含む)
使用電池リチウムイオンバッテリー
連続使用時間通常モード:約40分
通常モード(ダイレクトドライブクリーナーヘッド使用時):約25分
通常モード(ソフトローラークリーナーヘッド使用時):約30分
強モード:約7分
充電時間約5時間
消費電力-
吸込仕事率通常モード:28AW
強モード:115AW
運転音-
付属品ミニモーターヘッド、隙間ノズル、コンビネーションノズル、収納用ブラケット、フトンツール、ハードブラシ、延長ホース

スポンサーリンク