コードレス掃除機比較MART ロゴ画像
サイト内検索:
dyson メーカー タイトル画像

dyson メーカー タイトル画像

《ソフトローラークリーナーヘッド搭載のV6下位機種》

「ダイソン V6 フラフィ SV09MH」はダイソン社が販売するコードレス掃除機です。

「ソフトローラークリーナーヘッド」を搭載する「V6 フラフィ」の下位機種。「ポストモーターフィルター」の採用によりHEPAフィルター並のクリーン排気を実現しています。

後継機種は「ダイソン V8 フラフィ SV10FF」です(2016年5月発売)

スポンサーリンク

製品情報


Dyson V6 Fluffy SV09MH SV09MH

「Dyson V6 Fluffy SV09MH」は、イギリスの家電メーカー「Dyson Limited」の日本法人である「ダイソン株式会社(本社:東京都千代田区)」が販売するコードレススティッククリーナーです。

2015年5月に「V6 フラフィ」2機種と「V6 モーターヘッド」2機種が発売されましたが、こちらの「V6 フラフィ」は「Fluffy(フラフィ)」と呼ばれる新型ヘッドを採用した下位モデルです。

本体カラーは「ニッケル/ブルー」。付属品は「ミニモーターヘッド・隙間ノズル・コンビネーションノズル・収納用ブラケット」の4点となります。

ダイソン DC74 モーターヘッドとの違いを比較

旧モデル「ダイソン DC74 モーターヘッド(2014年10月発売)」と「V6 フラフィ」の違いは「サイズ」「重量」「フィルター」「運転音」となっています。

本体サイズですが「V6 フラフィ」は本体のみの奥行きが31.9センチ、収納時の奥行きが121.1センチとなっています。一方で「DC74 モーターヘッド」は本体の奥行き31.5センチ、収納時の奥行き120.7センチとなっており「V6 フラフィ」のほうが僅かに大きくなっています。

重量も「V6 フラフィ」は本体のみ1.29キロ、収納時2.34キロですが、「DC74 モーターヘッド」は本体のみ1.22キロ、収納時2.3キロなので「V6 フラフィ」のほうが重いということになります。

これは「V6 フラフィ」に「ポストモーターフィルター」が追加されたことが主な原因です。このフィルターは0.3ミクロンの微細な粒子を99.97パーセント捕らえるとされており、HEPAフィルター並の排気性能を実現しています。

また運転音に関しても「V6 フラフィ」は「DC74 モーターヘッド」と比べて大きさが約30パーセント低減されているそうです。

ダイソン V6 フラフィプラス SV09MHCOMとの違いを比較

上位機種「ダイソン V6 フラフィプラス SV09MHCOM」と「V6 フラフィ」の違いは「本体カラー」「付属品」です。

「V6 フラフィ」の本体カラーは「ニッケル/ブルー」ですが「V6 フラフィプラス」は「ニッケル/アイアン」を採用しています。

「V6 フラフィ」の付属品は合計4点なのに対して「V6 フラフィプラス」には「ミニモーターヘッド・隙間ノズル・コンビネーションノズル・収納用ブラケット・フトンツール・ハードブラシ・延長ホース」の7点が同梱されています。

他の機能・性能については共通仕様であり違いはありません。

ダイソン V6 フラフィプロ SV09MHPROとの違いを比較

公式オンラインストア限定モデル「ダイソン V6 フラフィプロ SV09MHPRO」と「V6 フラフィ」の違いは「本体カラー」「付属品」です。

「V6 フラフィ」の本体カラーは「ニッケル/ブルー」です。一方で「V6 フラフィプロ」は「ニッケル/レッド」となっています。

付属品について「V6 フラフィ」は合計4点ですが「V6 フラフィプロ」には「ミニモーターヘッド・隙間ノズル・コンビネーションノズル・収納用ブラケット・フトンツール・ハードブラシ・延長ホース」の7点が同梱されています。

他の機能・性能については共通仕様であり違いはありません。

ダイソン V6 モーターヘッドプラス SV07MHCOMとの違いを比較

下位機種「ダイソン V6 モーターヘッドプラス SV07MHCOM」と「V6 フラフィ」の違いは「本体カラー」「標準ヘッド」「サイズ」「重量」「運転時間」「付属品」です。

「V6 フラフィ」の本体カラーは「ニッケル/ブルー」です。一方で「V6 モーターヘッドプラス」はピンク系の「ニッケル/フューシャ」となっています。

標準ヘッドは「V6 フラフィ」が「ソフトローラークリーナーヘッド」、「V6 モーターヘッドプラス」は「モーターヘッド」となります。

標準ヘッドの違いにより、収納時の製品サイズが「V6 フラフィ」は幅25センチ*奥行き121.1センチ。「V6 モーターヘッドプラス」は幅21.1センチ*奥行き118.4センチとなっています。

またパイプとヘッドを含む標準質量も「V6 フラフィ」は2.34キロ、「V6 モーターヘッドプラス」は2.1キロとなっています。

さらに運転時間も「通常モード(モーター駆動のヘッド使用時)」が「V6 フラフィ」は約16分、「V6 モーターヘッドプラス」は約17分となっています。

付属品に関しては「V6 フラフィ」が合計4点なのに対して「V6 モーターヘッドプラス」には「ミニモーターヘッド・隙間ノズル・コンビネーションノズル・収納用ブラケット・フトンツール・ハードブラシ・延長ホース」の7点が同梱されています。

他の機能・性能については共通仕様であり違いはありません。

ダイソン V6 モーターヘッド SV07MHとの違いを比較

下位機種「ダイソン V6 モーターヘッド SV07MH」と「V6 フラフィ」の違いは「本体カラー」「標準ヘッド」「サイズ」「重量」「運転時間」です。

「V6 フラフィ」の本体カラーは「ニッケル/ブルー」となります。「V6 モーターヘッド」のカラーは紫系の「ニッケル/パープル」となっています。

「V6 フラフィ」の標準ヘッドは「ソフトローラークリーナーヘッド」です。「V6 モーターヘッド」の標準ヘッドは「モーターヘッド」となります。

標準ヘッドの違いにより、収納時の製品サイズが「V6 フラフィ」は幅25センチ*奥行き121.1センチ、「V6 モーターヘッド」は幅21.1センチ*奥行き118.4センチとなっています。

またパイプとヘッドを含む標準質量も「V6 フラフィ」は2.34キロ、「V6 モーターヘッド」は2.1キロとなっています。

さらに運転時間も「通常モード(モーター駆動のヘッド使用時)」が「V6 フラフィ」は約16分、「V6 モーターヘッド」は約17分となっています。

他の機能・性能については共通仕様であり違いはありません。

感想・評価

こちらの「ダイソン V6 フラフィ」は、2015年5月に発売された「ダイソン V6」シリーズ4機種の中で「ソフトローラークリーナーヘッド」を装備する下位モデルです。

4機種の違いは「本体カラー」「ヘッド」「付属品」となっており、基本的な機能・性能の違いはありません。

ダイソン純正のアタッチメントは別売り品を購入すると高く付くので、付属品の種類をチェックした上で用途や好みに合わせて選ぶことをおすすめします。

製品仕様

発売年月2015年5月
メーカーダイソン
型番SV09MH(ニッケル/ブルー)
JANコード5025155021248(ニッケル/ブルー)
ノズルタイプソフトローラークリーナーヘッド
集じん方式サイクロン式
集じん容積0.4L
サイズ本体サイズ:幅12.7センチ*奥行31.9センチ*高さ20.8センチ(バッテリー含む)
収納サイズ:幅25センチ*奥行121.1センチ*高さ20.8センチ(モーターヘッド・パイプ・バッテリー含む)
重量本体質量:1.29キロ
標準質量:2.34キロ(モーターヘッド・パイプ・バッテリー含む)
使用電池ニッケルマンガンコバルトバッテリー
連続使用時間通常モード:約20分
通常モード(モーター駆動のヘッド使用時):約16分
強モード:約6分
充電時間約3.5時間
消費電力-
吸込仕事率通常モード:28AW
強モード:100AW
運転音-
付属品ミニモーターヘッド、隙間ノズル、コンビネーションノズル、収納用ブラケット

スポンサーリンク