コードレス掃除機比較MART ロゴ画像
サイト内検索:
Dyson V6 Motorhead+ SV07MHCOM 商品画像1

Dyson V6 Motorhead+ SV07MHCOM 商品画像1

《モーターヘッド搭載のダイソンV6シリーズ上位機種》

「ダイソン V6 モーターヘッドプラス SV07MHCOM」は、ダイソン社が販売するコードレス掃除機です。「モーターヘッド」を搭載するV6シリーズの下位機種。特別付属品として「フトンツール」「ハードブラシ」「延長ホース」がセットになっています。

「ダイソン V6 モーターヘッドプラス SV07MHCOM」の実売価格は70,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報

「Dyson V6 Motorhead+ SV07MHCOM」は、イギリスの家電メーカー「Dyson Limited」の日本法人である「ダイソン株式会社(本社:東京都千代田区)」が販売するコードレススティッククリーナーです。

2015年5月に発売された「ダイソン V6」シリーズ4機種の中で、こちらの「V6 モーターヘッドプラス」は従来品と同じ「モーターヘッド」を搭載する上位モデルです。

本体カラーは「ニッケル/フューシャ」。付属品は「ミニモーターヘッド・隙間ノズル・コンビネーションノズル・フトンツール・ハードブラシ・延長ホース・収納用ブラケット」の7点となります。

ダイソン V6 モーターヘッド SV07MHとの違いを比較

下位機種「ダイソン V6 モーターヘッド SV07MH」と「V6 モーターヘッドプラス」の違いは「本体カラー」「付属品」です。

「V6 モーターヘッドプラス」の本体カラーは「ニッケル/フューシャ」となります。「V6 モーターヘッド」のカラーは紫系の「ニッケル/パープル」となっています。

「V6 モーターヘッドプラス」の付属品は合計7点ですが、「V6 モーターヘッド」は「ミニモーターヘッド・隙間ノズル・コンビネーションノズル・収納用ブラケット」の4点と少なくなっています。

他の機能・性能については共通仕様であり違いはありません。

Dyson V6 Motorhead+ SV07MHCOM 商品画像2

ダイソン V6 フラフィプラス SV09MHCOMとの違いを比較

上位機種「ダイソン V6 フラフィプラス SV09MHCOM」と「V6 モーターヘッドプラス」の違いは「本体カラー」「標準ヘッド」「サイズ」「重量」です。

「V6 モーターヘッドプラス」の本体カラーは「ニッケル/フューシャ」ですが「V6 フラフィプラス」は「ニッケル/アイアン」を採用しています。

標準ヘッドは「V6 モーターヘッドプラス」が「モーターヘッド」、「V6 フラフィプラス」は「ソフトローラークリーナーヘッド」となっています。

これにより収納時のサイズは「V6 モーターヘッドプラス」が幅21.1センチ*奥行き118.4センチなのに対して、「V6 フラフィプラス」は幅25センチ*奥行き121.1センチとなっており、若干大きくなっています。

また重量に関しても「V6 モーターヘッドプラス」は標準質量が2.1キロ、「V6 フラフィプラス」は2.34キロなので240グラム重いことになります。

他の機能・性能については共通仕様であり違いはありません。

Dyson V6 Motorhead+ SV07MHCOM 商品画像3

ダイソン V6 フラフィ SV09MHとの違いを比較

上位機種「ダイソン V6 フラフィ SV09MH」と「V6 モーターヘッドプラス」の違いは「本体カラー」「標準ヘッド」「サイズ」「重量」です。

「V6 モーターヘッドプラス」の本体カラーは「ニッケル/フューシャ」ですが「V6 フラフィ」の本体カラーは「ニッケル/ブルー」です。

標準ヘッドは「V6 モーターヘッドプラス」が「モーターヘッド」、「V6 フラフィ」が「ソフトローラークリーナーヘッド」となります。

標準ヘッドの違いにより、収納時の製品サイズが「V6 モーターヘッドプラス」は幅21.1センチ*奥行き118.4センチ、「V6 フラフィ」は幅25センチ*奥行き121.1センチなので「V6 フラフィ」のほうが僅かに大きくなっています。

またパイプとヘッドを含む標準質量も「V6 モーターヘッドプラス」は2.1キロ、「V6 フラフィ」は2.34キロとなっています。

他の機能・性能については共通仕様であり違いはありません。

感想・評価

2015年5月発売の「ダイソン V6」シリーズには「モーターヘッド」を装備するモデルと「ソフトローラークリーナーヘッド」を装備するモデルがあります。

こちらの「ダイソン V6 モーターヘッドプラス SV07MHCOM」は従来型の「モーターヘッド」を装備する上位機種です。

モーターヘッドとソフトローラークリーナーヘッドの違いについてですが、ソフトローラークリーナーヘッドはフェルト製の大型ローラーでゴミを巻き込む構造となっており、ドライタイプのペットフードや猫砂のような大粒のゴミに強いとされています。

しかしヘッドが大きいのでモーターヘッドよりも200グラム以上重いという弱点があります。さらに通常モードでの使用時間もソフトローラークリーナーヘッドのほうが約1分短くなっています。

大粒のゴミが少ない環境であればモーターヘッドでも十分な掃除性能を発揮できるので、価格と性能を考慮した上で検討されると良いでしょう。

製品仕様

発売年月2015年5月
メーカーダイソン
型番SV07MHCOM(ニッケル/フューシャ)
JANコード5025155021477(ニッケル/フューシャ)
ノズルタイプモーターヘッド
集じん方式サイクロン式
集じん容積0.4L
サイズ本体サイズ:幅12.7センチ*奥行31.9センチ*高さ20.8センチ(バッテリー含む)
収納サイズ:幅21.1センチ*奥行118.4センチ*高さ20.8センチ(モーターヘッド・パイプ・バッテリー含む)
重量本体質量:1.29キロ
標準質量:2.1キロ(モーターヘッド・パイプ・バッテリー含む)
使用電池ニッケルマンガンコバルトバッテリー
連続使用時間通常モード:約20分
通常モード(モーター駆動のヘッド使用時):約17分
強モード:約6分
充電時間約3.5時間
消費電力-
吸込仕事率通常モード:28AW
強モード:100AW
運転音-
付属品ミニモーターヘッド、隙間ノズル、コンビネーションノズル、フトンツール、ハードブラシ、延長ホース、収納用ブラケット

スポンサーリンク