コードレス掃除機比較MART ロゴ画像
サイト内検索:
dyson メーカー タイトル画像

dyson メーカー タイトル画像

《付属品を省略して価格を抑えたDC62エントリーモデル》

「ダイソン DC62 エントリー」はダイソン社が販売するコードレス掃除機です。

機能・性能は他のDC62シリーズと同じですが、付属品から「ミニモーターヘッド」「収納用ブラケット」を省略して価格を抑えています。延長パイプのカラーは「ホワイト」です。

後継機種は「ダイソン V6 エントリー SV07ENT」です(2016年5月発売)

スポンサーリンク

製品情報


Dyson コードレスクリーナー DC62

「ダイソン DC62 エントリー」は、イギリスの家電メーカー「Dyson Limited」の日本法人である「ダイソン株式会社(本社:東京都千代田区)」が販売するコードレススティッククリーナーです。

2013年9月発売の「ダイソン DC62 モーターヘッド」「ダイソン DC62MC モータヘッドコンプリート」と基本性能は同じですが、付属品から「ミニモーターヘッド」「収納用ブラケット」を省いて低価格を実現しています。

ちなみに「DC62」と「DC62 エントリー」は同じ商品ですので間違えないようご注意ください。

本体カラーは「ニッケル/パープル」。付属品は「隙間ノズル」「コンビネーションノズル」の2点です。クリーナーヘッドは電動式の「モーターヘッド」です。

ダイソン DC62 モーターヘッドとの違いを比較


ダイソン Dyson DC62 motorhead サイクロン式 コードレス掃除機 DC62MH パープル/ニッケル 【新品/メーカー2年保証】

ダイソン DC62 モーターヘッド」との違いは「標準質量」「付属品」です。

「DC62 エントリー」の標準質量は2.04キロですが「DC62 モーターヘッド」は2.03キロとなっており約10グラムの違いがあります。

これは「延長パイプ」が異なることが原因だと思われます。あくまで推測ですが「DC62 エントリー」のパイプは「ダイソン DC35 モーターヘッド」のものを流用しているのではないでしょうか。

付属品は「DC62 エントリー」が「隙間ノズル・コンビネーションノズル」の2点、「DC62 モーターヘッド」は「隙間ノズル・コンビネーションノズル・ミニモーターヘッド」の3点となります。

さらに「DC62 モーターヘッド」には「収納用ブラケット」が同梱されています。

ダイソン DC62 モーターヘッドコンプリートとの違い

ダイソン DC62 モーターヘッド コンプリート」との違いは「本体カラー」「標準質量」「付属品」です。

「DC62 エントリー」の本体カラーは「ニッケル/パープル」ですが、「DC62 モーターヘッドコンプリート」はピンク系の「フューシャ/ニッケル」を採用しています。

標準質量(パイプと標準クリーナーヘッドの合計)については「DC62 エントリー」が2.04キロ、「DC62 モーターヘッドコンプリート」は2.03キロなので、「DC62 エントリー」のほうが10グラム重いことになります。

付属品は「DC62 エントリー」が「隙間ノズル・コンビネーションノズル」の2点、「DC62 モーターヘッドコンプリート」は「隙間ノズル・コンビネーションノズル・フトンツール・フレキシブル隙間ノズル・ソフトブラシツール・ミニモーターヘッド」の5点となります。

さらに「DC62 モーターヘッドコンプリート」には「収納用ブラケット」が同梱されています。

ダイソン DC62 モーターヘッド プロとの違いを比較

オンラインストア限定モデル「ダイソン DC62 モーターヘッド プロ」との違いは「本体カラー」「標準質量」「付属品」です。

「DC62 モーターヘッドプロ」の本体カラーは「アイアン/ニッケル」です。標準質量は2.03キロであり「DC62 エントリー」より10グラム軽くなっています。

「DC62 モーターヘッドプロ」の付属品は「隙間ノズル・コンビネーションノズル・フレキシブル隙間ノズル・ハードブラシ・アップトップツール・延長ホース・ミニモーターヘッド」の7点となります。

さらに「DC62 モーターヘッドプロ」には「収納用ブラケット」が同梱されています。

感想・評価

こちらの「DC62 エントリー」は、2014年9月に「ダイソン DC74 モーターヘッド」「ダイソン DC74 モーターヘッド コンプリート」と同時に発売されました。

ダイソンは新製品の発売と同時に、旧モデルをベースにした廉価モデル「エントリー(Entry)」を投入することがあります。これは文字どおり「入門用」のような位置づけであり、付属のアタッチメントが少ない代わりに価格が安く設定されています。

しかし基本性能は他のDC62シリーズと変わらないのですが、本体を壁掛け収納できる「収納用ブラケット」が省略されています。

別売りの純正付属品を購入すると高くつくので壁掛け収納したいのであれば、ミニモーターヘッドと収納用ブラケットが同梱されている「ダイソン DC62 モーターヘッド」を選んだほうが良いでしょう。

製品仕様

発売年月2014年9月
メーカーダイソン
型番DC62(ニッケル/パープル)
JANコード5025155019788(ニッケル/パープル)
ノズルタイプモーターヘッド
集じん方式サイクロン式
集じん容積-
サイズ本体サイズ:幅12.7センチ*奥行31.5センチ*高さ20.8センチ(バッテリー含む)
収納サイズ:幅21.1センチ*奥行118センチ*高さ20.8センチ(モーターヘッド・パイプ・バッテリー含む)
重量本体質量:1.22キロ
標準質量:2.04キロ(モーターヘッド・パイプ・バッテリー含む)
使用電池ニッケルマンガンコバルトバッテリー
連続使用時間通常モード:約20分
通常モード(モーター駆動のヘッド使用時):約17分
強モード:約6分
充電時間約3.5時間
消費電力-
吸込仕事率-
運転音-
付属品隙間ノズル、コンビネーションノズル

スポンサーリンク