コードレス掃除機比較MART ロゴ画像
サイト内検索:
SHARP メーカー タイトル画像

SHARP メーカー タイトル画像

《スタンバイ機能を搭載する2016年モデル下位機種》

「シャープ FREED EC-SX320」はシャープ株式会社が販売するコードレス掃除機です。

機能と付属品をシンプルにして価格を抑えた下位モデル。から拭き効果がある「床みがきブラシ」、本体を立てるだけで一時停止する「スタンバイ機能」を搭載しています。

「シャープ FREED EC-SX320」の実売価格は36,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報


シャープ コードレスサイクロン掃除機 POWER CYCLONE FREED レッド EC-SX320-R

「シャープ FREED EC-SX320」は「シャープ株式会社(本社:大阪府堺市)」が販売するコードレスサイクロン掃除機です。

2016年型「FREED(フリード)」シリーズの下位モデル。高機能ヘッド、赤外線ゴミセンサー、プラズマクラスター機能、一部の付属品を省略して価格を抑えています。

本体カラーは「レッド系(-R)」「ブルー系(-A)」です。付属品は「コンパクトふとん掃除ヘッド」「ベンリブラシ」「スタンド用フック」「充電器」「バッテリー(1個)」「すき間ノズル」の6点です。

また別売オプションとして「バッテリー BY-5SB(税別8,000円)」が用意されています。適用機種は「EC-SX520/320/310/210/200」となります。

EC-SX320のおすすめポイント(長所・メリット)

  • 上位モデルより約300グラム軽い
  • 連続使用時間は上位モデルと変わらない
  • コンパクトふとん掃除ヘッドが付属
  • 自立機能(スタンドなしで立てられる)

EC-SX320の欠点・注意点(短所・デメリット)

  • サイクロン、モーター、バッテリーは2015年型と同じ
  • 赤外線ゴミセンサー・プラズマクラスター機能がない
  • 集じん容積が小さい(約0.2L)

シャープ FREED EC-SX520との違いを比較

上位モデル「シャープ FREED EC-SX520」と「EC-SX320」の違いを比較してみましょう。

主な違いは「本体カラー」「サイズ」「重量」「ヘッド」「赤外線ゴミセンサー」「プラズマクラスター」「バッテリー」「使用時間」「付属品」です。

本体カラー

本体カラーは「EC-SX320」が「レッド系(-R)」「ブルー系(-A)」、「EC-SX520」は「ピンク系(-P)」「イエロー系(-Y)」の2種類から選べます。

サイズ

サイズは「EC-SX320」が「幅221*奥行213*高さ1011mm」、「EC-SX520」は「幅237*奥行212*高さ1038mm」となっており、幅と高さは「EC-SX520」のほうが大きくなっています。

重量

重量は「EC-SX320」が「標準質量2.1kg」、「EC-SX520」は「標準質量2.4kg」なので「EC-SX520」のほうが約300グラム重いことが分かります。これは標準ヘッドの違いが影響しています。

ヘッド

「EC-SX320」のヘッドは従来品と同じ「モーター駆動パワーヘッド」です。電動式の回転ブラシを装備しており、ヘッドの前進をサポートする「自走パワーアシスト機能」、ファイバー素材で乾拭き効果がある「床みがきブラシ」(黄色)を搭載しています。

一方で上位モデル「EC-SX520」のヘッドは新機能「e-ドライブ」「高圧吸引ノズル」「壁際バンパー」を搭載しています。

「e-ドライブ」は専用モーターと走行車輪でヘッドを走らせる強力な自走機能です。「高圧吸引ノズル」は吸引力を高めたノズルで2015年モデル(EC-SX310)と比べて約2倍の風速を実現しています。「壁際バンパー」はヘッドの前方に装着された柔らかい素材のバンパーで、壁に押し付けると密着性が高まり吸引力がアップします。

赤外線ゴミセンサー・プラズマクラスター

さらに上位モデル「EC-SX520」は「赤外線ゴミセンサー」「プラズマクラスター機能」を搭載しています。

赤外線ゴミセンサーはゴミを検知するとランプが点灯してお知らせする機能です。さらに自動モードではゴミの量に合わせて吸引力を自動調整します。プラズマクラスター機能はダストカップ内に「プラズマクラスターイオン」を放出してゴミの付着を抑える機能です。

バッテリー・使用時間

「EC-SX320」にはバッテリーが1個同梱されています。一方「EC-SX520」にはバッテリ-が2個付属します。

使用時間は2機種とも同じ「標準モード:約30分 自動モード:約20分 強モード:約8分」です。しかし「EC-SX520」にはバッテリーが2個付属するので交換しながら掃除すると使用時間は「標準モード:約60分 自動モード:約40分 強モード:約16分」となります。

付属品

「EC-SX320」の付属品は合計6点です。一方「EC-SX520」には「コンパクトふとん掃除ヘッド」「ベンリブラシ」「スタンド用フック」「充電器」「バッテリー(2個)」「2段伸縮すき間ノズル」「延長ホース」の7点となっており、「EC-SX320」との違いは「バッテリー・2段伸縮すき間ノズル・延長ホース」です。

シャープ FREED2 EC-SX310との違いを比較

2015年モデル「シャープ FREED2 EC-SX310」と「EC-SX320」の違いを比較してみましょう。

主な違いは「本体カラー」「サイズ」「ヘッド」「フィルター」「省エネ機能」「スタンバイ機能」「運転モード」「使用時間」「付属品」です。

本体カラー

本体カラーは「EC-SX320」が「レッド系(-R)」「ブルー系(-A)」、「EC-SX310」は「ゴールド系(-N)」「レッド系(-R)」となっています。

サイズ

サイズは「EC-SX320」が「幅221*奥行213*高さ1011mm」、「EC-SX310」は「幅238*奥行213*高さ1011mm」です。

ヘッド

ヘッドは2機種とも「モーター駆動パワーヘッド」を採用しています。しかし「EC-SX320」のヘッドは2015年型の下位モデル「シャープ FREED2 EC-SX210」と同じ仕様になりランクダウンしています。

具体的に違う部分を挙げると「EC-SX310」が採用していた「洗える構造の吸込口」が廃止され水洗いできるのは「回転ブラシ」のみになりました。また回転ブラシの素材に関しても「EC-SX310」は「床みがきブラシ・Ag+イオンブラシ・自走ハードブラシ・ソフトブラシ」の4種類ですが、「EC-SX320」は「床みがきブラシ・Ag+イオンブラシ・自走ハードブラシ」の3種類に変わっています。

フィルター

フィルターも「EC-SX310」は「高性能フィルター」「Ag+アレルディフェンスフィルター」「ふんわり排気」を装備していましたが、「EC-SX320」は「高性能フィルター」のみになっています。

省エネ機能・スタンバイ機能

省エネ機能に関しては、「EC-SX310」が搭載していた床の種類に合わせて吸引力を自動コントロールする「エコ自動掃除」、ヘッドが浮くと自動停止する「節電アイドリングストップ機能」が「EC-SX320」では廃止されました。

その代わりとして「EC-SX320」は掃除中に本体を立てると一時停止して、本体を倒すと運転を再開する「スタンバイ機能」を搭載しています。

運転モード

運転モードは「EC-SX320」が「自動モード/標準モード/強モード」の3種類、「EC-SX310」は「自動モード/強モード」の2種類です。「EC-SX320」に追加された「標準モード」はマットやラグなど吸引力を抑えて掃除したい時に使用します。

使用時間

使用時間は「EC-SX320」が「標準モード:約30分 自動モード:約20分 強モード:約8分」、「EC-SX310」は「自動モード:約10~30分 強モード:約8分」です。

付属品

「EC-SX320」の付属品は合計6点です。「EC-SX310」は「2WAYベンリヘッド」「ベンリブラシ」「すき間ノズル」「スタンド用フック」「付属吸込口収納スタンド」「バッテリー(1個)」「充電器」となっています。

感想・評価

こちらの「シャープ FREED EC-SX320」は型番だけ見ると2015年型の上位機種「EC-SX310」の後継機種に思えますが、実際には2015年型の下位モデル「EC-SX210」の後継機となります。

「EC-SX320」と「EC-SX210」の違いを比較してみるとサイズ・重量は全く同じことが分かります。

機能に関しては「EC-SX210」が搭載する「エコ掃除機能(エコ自動掃除・節電アイドリングストップ)」を省略した代わりに、「EC-SX320」には「床みがきブラシ」「標準モード」「スタンバイ機能」が追加されています。

また付属品は「EC-SX210」が合計5点なのに対して、「EC-SX320」は「コンパクトふとん掃除ヘッド」を追加した合計6点となっています。

デザインやサイクロン、モーター、バッテリーは2015年型と共通なので、安さを追求するのであれば旧モデルの「シャープ FREED2 EC-SX210」を選んでも問題無いでしょう。

製品仕様

発売年月2016年5月
メーカーシャープ
型番EC-SX320-R (レッド系)
EC-SX320-A (ブルー系)
JANコード4974019886206(レッド系)
4974019886213(ブルー系)
ノズルタイプモーター駆動パワーヘッド
集じん方式遠心分離サイクロン
集じん容積約0.2L
サイズ本体サイズ:幅221*奥行213*高さ1011mm
重量標準質量(吸込口・パイプ・本体・バッテリー含む):約2.1kg
使用電池リチウムイオン電池 18V
連続使用時間標準モード:約30分
自動モード:約20分
強モード:約8分
充電時間約80分
消費電力充電中:約40W
充電完了後:約0.5W
吸込仕事率-
運転音-
付属品バッテリー(1個)、充電器、コンパクトふとん掃除ヘッド、ベンリブラシ、すき間ノズル、スタンド用フック

スポンサーリンク