コードレス掃除機比較MART ロゴ画像
サイト内検索:
HITACHI メーカー タイトル画像

HITACHI メーカー タイトル画像

《壁際のゴミを吸引しやすくなった2016年型下位モデル》

「日立 パワーブーストサイクロン PV-BD400」は日立アプライアンス株式会社が販売するコードレス掃除機です。

一部の付属品を省略して価格を抑えた下位機種。壁際のゴミを吸引できる「きわぴた構造」、スティック・ハンディで持ちやすい「ループハンドル」を採用。

「日立 パワーブーストサイクロン PV-BD400」の実売価格は46,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報


日立 サイクロン式スティック&ハンディクリーナー(シャイニーブラウン)【掃除機】HITACHI パワーブーストサイクロン PV-BD400-T

「日立 パワーブーストサイクロン PV-BD400」は「日立アプライアンス株式会社(本社:東京都港区)」が販売するコードレスサイクロン掃除機です。

2016年型「パワーブーストサイクロン」シリーズの下位機種。セールスポイントは壁際のゴミを吸引できる「きわぴた構造」の採用です。

本体カラーは「シャイニーブラウン(T)」の1種類となっています。付属品は「すき間用吸口、充電台、お手入れブラシ」の3点です。

また別売り部品として「伸縮曲がるブラシ吸口(ワイドブラシ付き)」「ワイドブラシ」「ふとん用吸口」「お手入れブラシ」「ホゴフィルター」「スポンジフィルター」「すき間用吸口」「クリーンフィルター」「回転ブラシ」「ローラー」が用意されています。

バッテリーは消耗品であり使用時間が著しく短くなったら交換する必要があります。交換の目安は「繰り返し充放電約1,100回」です。電池の交換は購入した販売店に依頼してください(ユーザーが自分で交換することはできません)

日立 パワーブーストサイクロン PV-BD700との違いを比較

上位機種「日立 パワーブーストサイクロン PV-BD700」と「PV-BD400」の違いを比較してみましょう。

主な違いは「本体カラー」「サイズ」「重量」「ハンドル」「付属品」です。

本体カラーは「PV-BD400」が「シャイニーブラウン(T)」、「PV-BD700」は「シャンパンゴールド(N)」「ルビーレッド(R)」の2種類です。

サイズは「PV-BD400」が「長さ230*幅280*高さ840~1,075mm ハンディ:長さ540*幅90*高さ240mm」、「PV-BD700」は「スティック:長さ230*幅280*高さ785~1,015mm ハンディ:長さ670*幅90*高さ160mm」です。

また収納時のサイズも「PV-BD400」は「収納時:長さ220*幅310*高さ880mm ハンドル折りたたみ収納時:長さ280*幅310*高さ690mm」、「PV-BD700」は「長さ220*幅310*高さ825mm」となります。

重量は「PV-BD400」が「スティック:2.5kg ハンディ:2.0kg」、「PV-BD700」は「スティック:2.3kg ハンディ:1.8kg」となっており上位機種のほうが重量が軽くなっています。

ハンドルは「PV-BD400」が「ループハンドル」、「PV-BD700」は「サッとズームスティック」を採用しています。

上位機種の「サッとズームスティック」は手元のレバーを引くと長さを4段階に調節できる機能です。掃除中にワンタッチでスティックとハンディを切り替えできるので大変便利です。

付属品は「PV-BD400」が「充電台、すき間用吸口、お手入れブラシ」の3点。「PV-BD700」は「充電台、すき間用吸口、伸縮吸口、ワイドブラシ、ふとん用吸口、お手入れブラシ」の6点です。

他の機能・性能は2機種とも共通仕様となります。

日立 パワーブーストサイクロン PV-WBC500との違いを比較

旧モデル「日立 パワーブーストサイクロン PV-WBC500(2015年11月発売)」と「PV-BD400」の違いを比較してみましょう。

主な違いは「本体カラー」「モーター」「ヘッド」「充電台」です。

本体カラーは「PV-BD400」が「シャイニーブラウン(T)」、「PV-WBC500」は「シャンパンゴールド(N)」です。

モーターは「PV-BD400」が「小型ハイパワーファンモーター」、「PV-WBC500」は「SDハイパワーファンモーター」を搭載しています。

ヘッドは2機種とも「自走スマートヘッド」ですが、「PV-BD400」はヘッドの前側から底面に空気を流して壁際のゴミを吸引する「きわぴた構造」を採用しています。

充電台の電源仕様は「PV-BD400」が「入力:AC100V 50-60Hz 50VA」、「PV-WBC500」は「入力:AC100-240V 50-60Hz 45-70VA」です。

他の機能・性能は同じであり違いはありません。

日立 パワーブーストサイクロン PV-BC500との違いを比較

旧モデル「日立 パワーブーストサイクロン PV-BC500(2015年2月発売)」と「PV-BD400」の違いを比較してみましょう。

主な違いは「本体カラー」「モーター」「ヘッド」「付属品」です。

本体カラーは「PV-BD400」が「シャイニーブラウン(T)」、「PV-BC500」は「シャンパンゴールド(N)」「パールレッド(R)」「メタリックシルバー(S)」の3種類です。

モーターは「PV-BD400」が「小型ハイパワーファンモーター」、「PV-BC500」は「SDハイパワーファンモーター」を搭載しています。

ヘッドは2機種とも「自走スマートヘッド」ですが、「PV-BD400」はヘッドの前側から底面に空気を流して壁際のゴミを吸引する「きわぴた構造」を採用しています。

付属品は「PV-BD400」が「充電台、すき間用吸口、お手入れブラシ」、「PV-BC500」は「充電台、すき間用吸口、伸縮曲がるブラシ吸口(伸縮吸口+ワイドブラシ)、ふとん用吸口、お手入れブラシ」となっています。

他の機能・性能は同じであり違いはありません。

感想・評価

こちらの「日立 パワーブーストサイクロン PV-BD400」は2016年型「パワーブーストサイクロン」シリーズの下位機種です。

従来品の「日立 パワーブーストサイクロン PV-WBC500(2015年11月発売)」および「日立 パワーブーストサイクロン PV-BC500(2015年2月発売)」とヘッド・モーター・付属品以外はほぼ同じであり大きな違いはありません。

ヘッドに「きわぴた構造」が無くても問題なければ「PV-BD400」より付属品が多い「PV-BC500」が37,000円前後で買えるのでおすすめですよ。

製品仕様

発売年月2016年5月
メーカー日立
型番PV-BD400(T) シャイニーブラウン
JANコード4902530130997(シャイニーブラウン)
ノズルタイプ自走スマートヘッド
集じん方式サイクロン式
集じん容積0.2L
サイズスティック:長さ230*幅280*高さ840~1,075mm
ハンディ:長さ540*幅90*高さ240mm
重量スティック:2.5kg
ハンディ:2.0kg
使用電池リチウムイオン電池(セル数6本)
定格電圧:DC21.6V
公称容量:2,500mAh
連続使用時間標準:約30分
強:約8分
充電時間約3.5時間
消費電力-
吸込仕事率-
運転音-
付属品充電台、すき間用吸口、お手入れブラシ

スポンサーリンク